さやこです。
ブログデビューです。
では早速、今日の話題!

第67回ゴールデングローブ賞が今週日曜日17日(日本時間18日)に迫っています!

ゴールデングローブ賞って聞いたことあるけれど一体どういう賞なのか?
手始めにはよく、「アカデミー賞の前哨戦」とか言われますね。
近年、両賞の受賞作品・受賞者がかぶることが多いみたいです。
去年の作品賞は両賞とも「スラムドッグ$ミリオネア」でした。
主演女優賞はケイト・ウィンスレットだったんですが、作品が違うんですね。
ゴールデングローブは「レボルーショナリー・ロード」、アカデミーは「愛を読む人」
での受賞なんですね。面白いですね。
ちなみに今年のアカデミー賞は3月7日に行われるそうです。

そして注目のゴールデン・グローブ賞の作品賞(ドラマ部門)ノミネートは:

Best Motion Picture-Drama 作品賞(ドラマ部門)

●「Avatar/アバター」←(見ました?3D体験!アメリカ版「もののけ姫」)
●「The Hurt Locker/ハート・ロッカー」←(日本公開は2010年3月)
●「Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ」←(見た見た!)
「Precious: Based On The Novel Push By Sapphire/プレシャス」←(とてもいい映画らしい)
「Up In The Air/マイレージ、マイライフ」←(JUNOの監督最新作)

ゴールデン・グローブの作品賞はドラマ部門とコメディー・ミュージカル部門に分かれているようなのですが、
中でも私が一番注目しているのは「NINE」です。
何と言っても出演している女優陣が豪華過ぎる!しかもこのメンバーでミュージカルですよ。映画館での見応えを想像するだけでテンション上がります。
日本公開は2010年春となっています。

↓予告編!!!

マリオン・コティヤール、いいですよね。かなり活躍していますが「正統派美人」ではないけれど、本当に魅力的ですね。ずっと見ていたい!(この「NINE」でゴールデングローブ助演女優賞もノミネートされてます。)最近見た「パブリック・エネミーズ」でも彼女のためなら、それはジョニー・デップも脱獄してまで会いに行きたいよ、と納得です。
少し前になりますが、Diorのキャンペーン用のショートフィルムもマリオン・コティヤールが主演で話題になっていました。
この作品のカメラマンAlex Lamarqueは国際でも問い合わせを何度かしています。
最新リールも国際にあるので、興味のある方は是非借りに来てください。

↓Lady Dior “The Lady Noir Affair”

しかし話を戻してこのゴールデングローブ賞、HFPA(Hollywood Foreign Press Association)ハリウッド外国人映画記者協会の会員の投票で決定されるらしいのですが、なんと会員数が約100名程度らしいのです。それって偏りがあるのではないか?と思ってしまいますけどね。だって葵大賞を選んでいる人数より少ないですよ。